MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

冥王星
【めいおう・せい】

太陽の周りを回る天体のひとつ

アメリカの天文学者・トンボーが海王星より外側にある天体として1930年に発見した。太陽-地球間の40倍にあたる平均半径の楕円軌道を148年かけて一周する。従来、太陽系における9番目の惑星という地位にあった。

冥王星は、太陽から非常に遠い場所にあるため、これまでは地上の望遠鏡からの観測しかできなかった。2006年1月にNASAが打ち上げ人工衛星ニューホライズンズ」は、2015年の夏ごろ冥王星に最も接近し、表面の写真など詳細なデータを収集する予定だ。

プラハで開催された国際天文学連合(IAU)の総会で、これまであいまいにされていた惑星について、(1)太陽の周りを回り、(2)自己重力で球形を保ち、(3)周回軌道上に他の天体が存在しないもの、という定義が採択された。

冥王星周回軌道上には小惑星が多数存在し、条件(3)を満たさないため、惑星から格下げされた。今後、冥王星のような天体を矮惑星 (dwarf planet) と呼ぶことになった。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425308


【辞典内Top3】 UberEATS  三本の矢  舌下免疫療法  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト