MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

市場化テスト
【しじょうか・てすと】

競争入札によって公共サービスの実施者を決めること

これまで官業とされてきた公共サービスについて、行政機関と民間事業者の双方が対等な立場で競争入札を行い、実施者を決めること。

競争原理を導入することで、より良いサービスを提供すると同時に、無駄なコストを削減することによって効率的な公共サービスの運営が実現できる。アメリカやイギリスでは、1980年ごろから水道や道路の管理、刑務所の運営などで市場化テストを導入し、一定の成果を上げている。

日本では、2005年にハローワーク業務の一部、国民年金保険料の収納業務などの公共サービスを民間事業者に委託して実施した。受託した民間事業者は、守秘義務が課されるなど「みなし公務員規定」が適用される

なお、市場化テストの運用ルールを定めた法律の正式名称は「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律」で、 5月26日に国会で成立した。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425298


【辞典内Top3】 UberEATS  三本の矢  舌下免疫療法  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト