MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

GSM
【じーえすえむ】

Global System for Mobile Communications

第2世代の携帯電話における無線通信方式のひとつ

国境を越えて通信するための統一規格としてヨーロッパで策定され、1992年からサービスが始まった。現在では、ヨーロッパ・アジア・アフリカ・オセアニアなど、130を超える国でGSMネットワークが整備されている。携帯電話通信網としては、事実上の世界標準(デファクトスタンダード)となっている。

GSM携帯電話の統一規格として始まったため、GSMを採用した国同士では、国境を越えても自分の機種で携帯電話サービスをそのまま利用できる。

それに対して、日本の携帯電話通信網の場合、GSMには対応していない。このため、通話が国内に限られていて、一般に海外での使用ができない。海外で携帯電話を使うには、GSM対応の海外専用端末を携帯電話会社からレンタルして使用することが多い。

その解決策としてGSM兼用搭載機種が考案され、一部の機種では実用化されている。これは1台の携帯電話に、国内網対応チップと海外用GSM対応チップの両方を備えるというもので、国内外で両用することができる。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425295


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト