MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > 生活

減肉摩耗
【げんにくまもう】

corrosion wastage

水の流れによって配管が腐食すること
高温・高圧の水流によって配管の厚みが削られる現象のこと。配管内の構造上、乱流が発生して減肉摩耗引き起こすことがある。
減肉摩耗による事故を防ぐには、定期的に超音波検査を実施するなどして肉厚を測定しなければならない原子力発電所における2次冷却水は、放射能帯びる1次冷却水に比べて安全規制が緩いため、検査体制に甘さが出やすい。
1986年12月にはアメリカのサリー原子力発電所で、炭素鋼の配管が減肉摩耗によって破裂して、2次冷却水を浴びた作業員4人が死亡する事故があった。
9日、福井県美浜町の関西電力美浜原子力発電所3号機のタービン建屋で、復水配管から高温高圧の2次冷却水が水蒸気となって噴き出し、作業員11人が蒸気を浴び、うち4人が全身やけどで死亡した。現段階では、配管の減肉摩耗が原因と見られている。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425220


【辞典内Top3】 UberEATS  三本の矢  舌下免疫療法  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト