MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > 外国

国際捕鯨委員会
【こくさいほげいいいんかい】

International Whaling Commission

クジラ資源の保存と利用を図るための国際機関
全世界の大型クジラの適切な保存と有効な利用を推進するために、国際捕鯨取締条約に基づき1948年に設置された。日本は1951年に同条約に加盟している。
クジラ資源の保護を理由に、国際捕鯨委員会は、1986年から商業利用を目的とするクジラの捕獲を禁止した。これによって、クジラを食用としていた日本は大きな影響を受け、現在のところ、クジラ資源の多い南氷洋ついてはミンククジラ調査捕鯨が認められているに過ぎない。
同じく条約に基づき設置された科学委員会は、クジラ資源の保存と持続的な利用に関する科学的な根拠を助言し、商業捕鯨の禁止を解除するどうかの判断は毎年開かれる国際捕鯨委員会の総会で議論されている。
2002年5月に山口県下関市で開催された第54回の年次総会では、日本を中心とする捕鯨推進国とそれに抗する反捕鯨国との間で、激しい応酬が繰り広げられた。
▲関連キーワード「マグロ条約」




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425082


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト