MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

保険用語辞典保険の仕組み >

診査医・社医
【しんさい・しゃい】

 保険に入るときに一定額以上の死亡保険金等で契約する場合は、医師による診査(検診と告知の聴取)があります。検診では、体格の計測、体況一般の診察、脈拍測定、検尿などの身体検査が実施されます。また、問診による告知の聴取もあります。この診査を行う医師のことを「診査医」といいます。診査医には、生命保険会社が診査を委嘱している「嘱託医」、生命保険会社の職員である「社医」がおります。
また、社医には、診査を行う診査医に加え、契約の申込みの引受査定等を行う「査定医」がおります。




保険評論家:佐藤立志 (著:佐藤立志(故))
「保険用語辞典」
JLogosID : 5165040


【辞典内Top3】 P建て・S建て  保険業法300条  附合契約  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 保険評論家:佐藤立志「保険用語辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト