MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

都市データパック(市章)近畿地方 > 滋賀県

草津市
【くさつ】

【由来】名前の初出は鎌倉時代。交通の要衝で、陸上の市場、陸の津(港)にあたるという意味。
【日本一】草津宿本陣(現存最大規模)、水生植物公園みずの森、ハス群生(花蓮では最大級)、琵琶湖博物館
市役所】 525-8588  草津市草津3-13-30 TEL:077-563-1234
【URL】 http://www.city.kusatsu.shiga.jp/
【市章の由来】一般公募して、市制施行の昭和29年10月15日に制定しました。「く、さ、つ」を図案化したもので、線の太いものは市勢の力強さを示し、全体を横にすれば本市が日本の中央に位置するということを表しています。
草津市の基本情報はこちら
草津市の出身者情報はこちら
草津市の特産・イベント・観光情報はこちら




東洋経済新報社 (著:)
「都市データパック(市章)」
JLogosID : 8509581

【お隣キーワード】雲仙市  嘉麻市  貝塚市  室戸市  
【辞典内Top3】 水俣市  佐世保市  西之表市  

この辞典の個別アプリ

都市データパック
東洋経済新報社の発行する「都市データパック2012年版」を厳選収録した特別編集版アプリ。全国各市区の実力がわかります。

関連辞書

東京辞典 日本全国おみやげ辞典 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東洋経済新報社「都市データパック(市章)」

出版社:東洋経済新報社[link]
編集:
価格:0
収録数:809
サイズ:--(-)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト