MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ワイン手帳フランス > ローヌ

ローヌの基礎知識

スイスアルプスを源に地中海へ流れ出すローヌ川。ワイン産地はこの流域に沿って南北に約200kmにわたり広がっている。太陽の恵み豊かな大地に育つワインは、美食の里でもある地元の食材とも非常に相性がよい。赤ワインが中心だが、ヴィオニエと呼ばれる地域特有の白ワインもつくられている。デイリーものから長熟タイプの高級ワインまで幅広いが、全体にコストパフォーマンスはよい。

おもな産地

気候や畑の地勢、ぶどう品種などの違いにより北と南に分かれる

【北部】
赤はシラー種、白はヴィオニエ種を主体に、ルーサンヌ、マルサンヌなどが用いられる。「コンドリュー」は、北ローヌ原産とされる白ぶどう種ヴィオニエを使った高級白ワインの産地。花のような香りがたちのぼるアロマティックな魅力を持つが、酸味が少ないためボトル内熟成は期待できず、香りが強い若いうちが飲みごろとされる。値段は高い。赤ワインではシラー種を主体とした「コート ロティ」や「エルミタージュ」などが知られる

【南部】
南部のワインは複数の品種をブレンドしてつくられることが多い。白も生産されるが赤が中心。ブレンドされる赤の主要品種はグルナッシュを主体にムールヴェードル、サンソー、カリニャンなど。南部はローヌ地方全体の生産量の9割程度を占める。代表地区としては、「シャトーヌフ デュ パプ」、ロゼを産する「タヴェル」など。大半が南部でつくられている「コート デュ ローヌ」(AOC)は気軽に楽しめる価格帯で入手しやすい。




東京書籍 (著:熊野 裕子)
「ワイン手帳」
JLogosID : 8538746

この辞典の個別アプリ

ワイン手帳
フランスを中心に106種類のワインを収録。産地別の構成で、各産地の基礎知識をはじめ、銘柄の品種、ボリューム感、渋み、価格の目安がひと目でわかるアプリ。

【辞典内Top3】 グリューナー・フェルトリーナー オーベル シュタイゲン(Gruner Velt  ラインガウ甲州 ミッテルハイマー エーデルマン(Rheingau Koshu Mitt  ツヴァイゲルト(Zweigelt )  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 すし手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「ワイン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:熊野 裕子
価格:1,512
収録数:106
サイズ:17x10.3x1.4cm(-)
発売日:2010年6月
ISBN:978-4487804252

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト