MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

カクテル手帳ラムベース >

ベース基礎知識 ラム

ベース基礎知識 ラム

"サトウキビから砂糖を造る際にできる糖蜜などの副産物を原料としてられる。ラム発祥の地は西インド諸島とされており、17世紀の初めにバルバドス島へ移民したイギリス人たちによって造り始められたという説が有名。この酒を、西インド諸島の先住民たちは「ラムバリオン(Rumbullion)」と呼んでいたそうで、頭文字を取って「ラム」と呼ばれるようになった、というのが語源の定説だ。ラムバリオンは、「興奮」「騒動」などの意味である

ホワイトラム(ライトラム)
カクテルベースに使われることが多いのは、ホワイトラムだ。ラムは色によって分類すると「ホワイト」「ゴールド」「ダーク」の3種類に分けられ、風味や芳香によると「ライト」「ミディアム」「ヘビー」と分けられるホワイトラムは、その分類どおり色は無色透明で、風味は軽く、まろやかな味わいキューバプエルトリコで多く造られ、代表的な銘柄はバカルディ、ハバナクラブなど。

ゴールドラム(ミディアムラム)
ホワイトダークの中間的な色合いと、やはり中間的な味わいをもつ。両者のよいところを兼ね備えているとされ、人気の高いラムだ。南米ガイアナのデメララ川沿いで造られる「デメララ・ラム」、マルティニク島で造られる「マルティニク・ラム」などが有名。

ダークラム(ヘビーラム)
内側を焦がしたオークの樽で3年以上熟成されることにより、濃い色と強い風味をもつ。芳香を高めるため、蒸留の際にパイナップルの絞り汁やアカシアの樹液などを加えることもあるそうだ。ジャマイカが主な産地で、代表的な銘柄はマイヤーズ、コルバなど。ダークラムはストレートロック飲まれることが多いが、マイヤーズをコーラで割った「マイヤーズ・コーク」など、カクテルも人気が高い。

その他
香辛料フルーツで香味を付けた「スパイスドラム」(フレーバードラム)もある。また、ラムと同じくサトウキビを原料とする蒸留酒に、ブラジル産の「カシャッサ」(ピンガ)、日本・奄美諸島産の黒糖焼酎などがある。
"




東京書籍 (著:上田 和男)
「カクテル手帳」
JLogosID : 8538978

この辞典の個別アプリ

カクテル手帳
ハイボール、サイドカー、マティーニなど、130のカクテルを、レシピや解説文とあわせて紹介。カクテルを飲む楽しみや、作る楽しみのためのアプリ。

【辞典内Top3】 シティコーラル  ロングアイランドアイスティー  ニコラシカ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 すし手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「カクテル手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:上田 和男
価格:1,512
収録数:130
サイズ:16.2x9.2x1.2cm(-)
発売日:2010年4月
ISBN:978-4487804009

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト