MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

道と路がわかる事典6章 橋とトンネルの雑学 >

石橋
【いしばし】

木橋から石橋へ、日本最古の石橋はどこにある?

外国ではすでに紀元前からあった石橋が、日本に入ってきたのはそれから二千年以上も経ってからのことである。鎖国時代も、唯一外国との貿易が行われていた長崎で、日本最初の石橋が誕生した。
一六三四(寛永一一)年、長崎市内を流れる中島川に架けられた眼鏡橋が、日本最古の石橋である。長さ二二m、幅三・七m。二つの半円を描くアーチ式の石橋で、川面に映るとメガネのように見えることからこの名がある。頑丈さが自慢の石橋だったが、昭和五七年の水害で、眼鏡橋を含む九つの石橋が被害にあった。現在は修復され、当時の姿をとどめている。
長崎の眼鏡橋よりひと回り大きいのが、諌早市にある眼鏡橋だ。建造されたのは一八三九(天保一〇)年と新しいが、長崎の眼鏡橋の二倍以上(五四m)もの長さがある。ところが、諌早の眼鏡橋は頑丈すぎて、洪水の際に橋が堰となり、被害をより大きくしてしまった。そのため現在のものは、本明川に架かっていたものを、現在の諌早公園に移したものである
日本一長い石橋は、渓谷美で名高い耶馬渓(やばけい)に架けられた。一九二三(大正一二)年に、観光用として建造された耶馬渓橋で、長さ一六〇m、幅四・一m。山国川に架かる八連のアーチ橋で、別名オランダ橋ともいわれる。
熊本県のほぼ中央、砥用(ともち)町にある霊台橋は、単アーチ式の石橋としては日本最大である。一八四七(弘化四)年に建造された長さ八八m、幅五・五m。長崎と諌早の眼鏡橋とともに、国の重要文化財に指定されている。砥用町にはこのほかにも多くの石橋があり、隣接する中央町も石橋の多いことで知られている。このように、九州には石橋が非常に多いが、なぜか他地域にはほとんど普及しなかった。




日本実業出版社 (著:浅井 建爾)
「道と路がわかる事典」
JLogosID : 5060122


【辞典内Top3】 掘割式道路  道路延長距離  道路の総延長  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「道と路がわかる事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:浅井 建爾
価格:1,620
収録数:255
サイズ:18.6x13.4x2cm(-)
発売日:2001年11月
ISBN:978-4534033154

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト