MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

道と路がわかる事典5章 いろいろな道 >

地下高速道路網
【ちかこうそくどうろもう】

東京の下に地下高速道路網?

大都会の都心部は、所狭しとばかりにビルが林立し、道路の下には地下鉄が走り、地下街や地下駐車場も建設されている。もはや都市空間は、地上も地下も限界になりつつある。そこで、さらに深い地下空間を有効に活用し、都市機能をより一層高めようという構想が持ち上っている。ビルがどんどん高層化していくように、地下に向っての高層化、高深度化を推し進めようというのである
現在走っている地下鉄の、そのさらに下に高速道路を走らせ、商店街や体育館、公園など、都市が要求する施設を建設する。SFの映画や小説などでは、たびたび地下に開けた巨大都市が登場するが、そのSFの世界がやがては誕生するかもしれないのだ。
外国ではすでに体育館やアイススケート場などの施設が、地下につくられている都市がある。これらの施設は、緊急時のシェルターの役割も果たすという。日本でも、青函トンネルのように、海面下二四〇mの地中を鉄道が走り抜けているではないか。地下都市、地下高速道路構想は、現実味を帯びた将来の都市計画なのである
地下高速道路を走る車は、未来都市にふさわしい無公害車で、電磁波によって走行する車を走らせようというのだ。車は巨大な高速エレベーターで一気に大深度地下に運ばれ、そこから地下に建設された道路を、高速で走行するのである。首都高速道路のような高速道路網が、東京の地下深くに建設される日がやがてくるかもしれないのだ。
いずれにしろ、地下に何を建設するにしても莫大な費用がかかるので、実現するまでには長い年月を待たねばならないが、道路を建設していく側も利用するわれわれも、将来の夢として期待したいものである




日本実業出版社 (著:浅井 建爾)
「道と路がわかる事典」
JLogosID : 5060112


【辞典内Top3】 掘割式道路  道路の総延長  橋の長さ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「道と路がわかる事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:浅井 建爾
価格:1,620
収録数:255
サイズ:18.6x13.4x2cm(-)
発売日:2001年11月
ISBN:978-4534033154

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト