MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

道と路がわかる事典3章 長い永い道の歴史 >

五街道
【ごかいどう】

誰が定めた?江戸時代の五街道

戦国時代は、道路にとっても苦難の時代といえた。道路は荒れ果て、治安も乱れ、庶民が安心して通れる状態ではなかったという。織田信長は諸国を統一し、道路の大改修を行った。その後を継いだ豊臣秀吉も、道路整備大きな功績を残している。しかし、本格的に道路が整備され始めたのは江戸時代に入ってからである
関ヶ原の戦いで覇権を握った徳川家康は、まず道路の大改革に乗り出した。政治支配を強め、より強固で安定した幕府を築くためには、何よりも先に道路の整備が必要だと考えたのだろう。一六〇一(慶長六)年、家康は朱印状によって各宿場に伝馬(駅馬とは別に公用に使わせた馬)の常備を義務づけ、道幅を広げ、宿場を整備し、一里塚設けるなど、街道の整備を着々と進めた。砂利や砂を敷いて路面を平らに固めたり、松並木を植えたりもした。
だが、江戸時代の五街道は家康が定めたものではなく、三代将軍の家光でもなかった。四代将軍家綱の時代に定められたのである江戸日本橋を起点に伸びる東海道中山道日光街道、奥州街道、甲州街道の五本の幹線道を五街道といい、街道の要所要所に関所を置いて、通行人を取り締った。江戸の防衛、ひいては幕府安泰のためである
東海道江戸日本橋から京都三条大橋までの五三次、約四九〇km、大坂までの四宿も加えて五七次ともいった。中山道は高崎、下諏訪、木曽路を経て、草津までの六七次、それに草津、大津の二宿を加えて六九次といった。日光街道は千住、宇都宮、今市を経て日光までの二一次。奥州街道は陸奥白河までの二七次で、宇都宮までの一七宿は日光街道と重複していた。甲州街道は内藤新宿、八王子、甲府を通り、下諏訪で中山道に合流するまでの四三次だ。
東海道は天下の大動脈として、幕府が最も重要視した幹線道で、とりわけ取締りも厳しかった。「入鉄砲出女」には特に目を光らせた。入鉄砲、すなわち江戸に武器が入ってくることの取締りだ。出女は諸大名の妻子たちの、江戸からの脱出を監視することである
そもそも徳川幕府が参勤交代の制度をとったのも、諸国の統制と国家の安泰が最大の目的であった。参勤交代とは諸国の大名を一年江戸に参勤させ、次の一年を在国させるというもので、大名の妻子たちは人質として江戸に常住させられた。徳川幕府が三〇〇年近くも続いたのは、参勤交代の制度があったからだといわれている。
参勤交代は宿場をはじめ、街道筋を発展させるという大きな経済効果をもたらした。五街道およびそれに属する脇街道は、参勤交代など公用目的に整備されたものだが、やがて庶民の寺社巡りや温泉旅行にも利用されるようになり、街道筋はますます栄えた。




日本実業出版社 (著:浅井 建爾)
「道と路がわかる事典」
JLogosID : 5060050


【辞典内Top3】 橋の長さ  掘割式道路  道路の総延長  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「道と路がわかる事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:浅井 建爾
価格:1,620
収録数:255
サイズ:18.6x13.4x2cm(-)
発売日:2001年11月
ISBN:978-4534033154

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト