MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第7章 愛と憎しみの巻 > 明治時代

写真花嫁
【しゃしんはなよめ】

■13 ハワイ写真花嫁って、どんな人?…アメリカの日本人差別に耐え続けた日系移民たち
 1898年、ハワイはアメリカ合衆国に併合された。それゆえ、ハワイ日本人移民たちは「米化心得書」などをつくり、アメリカ人になろうと試みた。同書を読むと、「スープの音を立てて飲まない。下着で外出せず、ネクタイをつける。爪楊枝を人前で使用しない」といったことが記され、その涙ぐましい努力の跡がうかがえる。
 しかし結局、日本人移民にアメリカの市民権は付与されなかった。そればかりか、日本人をサトウキビ農園に縛りつけておくため、日本人アメリカ大陸への渡航を禁じるようになった。さらに、アメリカでの日本人差別がひどくなると、1908年に日米紳士協定が結ばれ、日本人ハワイへ渡航することも原則禁止された。この事態に、日本人移民の多くがハワイへの永住を決意する。
 どうせ住するなら、日本人の妻を娶って家庭を持ちたい。でも、日米紳士協定日本人ハワイ来航は禁止されている。これでは、日本人女性を妻にすることができなくなってしまう。
 だが、一つだけ抜け道があった。日本人移民の親族であれば入国できるのだ。そこで日本人移民は、故郷に自分の写真を送り、お嫁さんを募集した。そして、これを了承した女性は、本人に会う前に日本で入籍し、ハワイ初めて夫に対面するである。これを写真花嫁と呼んだ。
 現在では到底理解できないシステムだが、結婚を親が決めていた当時にあっては、特段非難を受ける方法ではなかった。だが、嫁さん欲しさに20年前の写真を送ったり、別人の写真でごまかす移民が多く、会って幻滅する花嫁も続出したという。




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625089


【辞典内Top3】 台所役人  目安箱  陸奥宗光  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト