MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第4章 陰謀・暗殺の巻 > 江戸時代

徳川綱吉
【とくがわつなよし】

■8 江戸城大奥に不開の間があった!…「宇治の間」で起きた将軍刺殺説は本当か
 かつて、江戸城の大奥に「不開の間」があった。「宇治の間」というのが、それだ。
 部屋を囲む襖全体に、宇治の茶摘みの絵が大きく描かれていることから、そういう名称がついたと言われている。
 1590年に徳川家康が駿河国(静岡県)から関東に移封され、それ以来、徳川家の居城とされてきた江戸城は、幕府の置かれていた江戸時代・約260年の長い歴史のなかで、何度も火災に遭っている。当然、「宇治の間」も、その都度いっしょに焼け落ちている。
 どうせ使わない部屋ならば、わざわざ再建せずともよいと思うのだが、何とも奇怪なことに「宇治の間」は、焼失のたび、そっくり元のまま造り直されているのである
 実はこの「宇治の間」に関して、にわかに信じられない言い伝えが残されている。
 それは、この部屋が、5代将軍・徳川綱吉の刺殺された場所だというのである。しかも、その犯人が綱吉の正室・鷹司信子だというから驚くではないか!
 幕府の正史といってよい『徳川実紀』によれば、綱吉は、いわゆる流行性の麻疹にかかって亡くなったことになっている。
 だが、注意深く彼の臨終前後の記述を見ていくと、確かに多少の違和感覚えるである
 1708年12月28日、綱吉は体調を崩して麻疹を発病するが、病状は大したこともなく、翌年の正月9日には、快気祝いを執りおこなうまでに回復している。
 ところが、翌日の10日、にわかに容体が急変し、その日のうちに死亡してしまったのだ。
 享年は64歳で、当時としては老年の部類に入るとはいえ、快気祝いまでやった人間が、その翌日にコロリと死んでしまうとは、にわかに信じがたい話である
 妙なことは、もう一つある。綱吉の死からちょうど1か月後の2月9日、今度は正室の信子が、やはり綱吉と同じ麻疹にかかり、没しているのである
 はたして、偶然の一致であろうか?
 綱吉の没後70年経って著された随筆『翁草』には、著者が人づてに聞いた話として、綱吉の刺殺説がまことしやかに詳述されている。
 それによれば、世継ぎのない綱吉は、寵臣・柳沢吉保に100万石のお墨付きを与え、その子・吉里を次期将軍にすえようと決心、それを正月11日におこなわれる鏡開きの日に、臣下に公式発表することに決めていたらしい
 これを知って驚いた信子は、ただちに宇治の間にいた綱吉のもとを訪れ、強く諌言したという。だが、綱吉は一向に自分の言葉に耳を貸す気配がなかった。
 信子は、自分の意見が受け入れられないことに激しい焦りを感じた。
「このままでは、将軍職が名もなき卑しい者に渡ってしまう」
 思い余った彼女は、いきなり綱吉に抱きついたかと思うと、持っていた懐剣で綱吉の胸を深く貫き、絶命させたのである
 その後、信子は重臣たちに現場の後始末を命じ、自らは別室に籠もって、そのまま自害して果てたと伝えられる
 もちろん、いまとなっては、真相は解明できない。しかし、とても史実とは思えない、何とも奇想天外な説である
 結局、将軍職は綱吉の甥に当たる徳川家宣が継ぐことになる。




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625049


【辞典内Top3】 天一坊事件  軍師?  目安箱  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト