MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「雪」に関する故事・ことわざ

[香炉峰(こうろほう)の雪(ゆき)は簾(すだれ)を撥(かか)げて看(み)る]香炉峰のすばらしい雪景色はすだれを上げて眺める意で、白居易が詩にうたった有名な一節。「香炉峰」は、中国江西省|盧山(ろざん)の北峰。
[雪(ゆき)は豊年(ほうねん)の瑞(しるし)]雪の多く降った年は豊年になるということ。《類》「雪(ゆき)は豊年(ほうねん)の例(ため)し」「雪(ゆき)は豊年(ほうねん)の貢物(みつぎもの)」
[我(わ)が物(もの)と思(おも)えば軽(かろ)し笠(かさ)の雪(ゆき)]笠の上に降り積もった雪も、自分の物だと思えばさほど重くは感じないということ。苦しみも自分のためになることだと思えば苦痛には感じないということのたとえ。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382182


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト