MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「努力」に関する慣用句

[CID(7674)(う)まず撓(たゆ)まず]途中で飽きたり怠けたりせず、あることに努力し続けるさま。
[追(お)い込(こ)みを掛(か)ける]物事の最終段階に一段と努力して励む。
[犬馬(けんば)の労(ろう)をとる]主君や他人のために力を尽くす
[心血(しんけつ)を注(そそ)ぐ]力の限り努力する。《類》「全身全霊(ぜんしんぜんれい)を打(う)ち込(こ)む」
[精(せい)を出(だ)す](⇒「熱心(ねっしん)」395ページ)
[力(ちから)を入(い)れる]特にあることに熱心に努力する。《類》「力瘤(ちからこぶ)を入(い)れる」
[血(ち)と汗(あせ)]非常な忍耐と努力のたとえ。
[血(ち)の滲(にじ)むよう]非常に苦しくつらい努力をするようす。
[手(て)を尽(つ)くす]考えられる限りの手段や方法を出し尽くす
[馬力(ばりき)を掛(か)ける]精力的に仕事をする。
[骨(ほね)が折(お)れる]努力を要する
[骨身(ほねみ)を惜(お)しまない]労苦を嫌がらず努力する。
[本腰(ほんごし)を入(い)れる]本気になって物事に当たる。《類》「身(み)が入(はい)る」「気(き)を入(い)れる」
[身(み)を砕(くだ)く]苦労して努力する。《類》「身(み)を粉(こ)にする」
[労(ろう)を執(と)る]人のために努力する。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382130


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  「雨」の擬音語・擬態語・形容語  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト