MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「増減」に関する慣用句・故事・成語・ことわざ

[一粒万倍(いちりゅうまんばい)]一粒の種子をまくと万倍の粒になる意で、少しのものもふえてたくさんの数になるということ。
[錦上花(きんじょうはな)を添(そ)える](⇒「美(うつく)しい」100ページ)
[飲(の)むに減(へ)らで吸(す)うに減(へ)る]たまに飲む酒代では財産をへらすことはないが、始終吸うたばこ銭は、わずかな額でも積もれば財産をへらすほどになるという意で、小さな出費も積み重なれば多額になるということ。
[日向(ひなた)に氷(こおり)]だんだんへっていくことのたとえ。
[不増不減(ふぞうふげん)]あらゆる事物は空であるからふえることもへることもないということ。
[減(へ)らぬものなら銭一貫(ぜにいっかん)]使ってもへらないものであれば、金銭など余分になくともよい。一貫もあれば十分であるということ。《類》「死(し)なぬものなら子(こ)一人(ひとり)」「減(へ)らぬものなら金百両(かねひゃくりょう)」




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382106


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト