MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「声」に関する慣用句

[蚊(か)の鳴(な)くような声(こえ)]蚊の羽音のようなかすかな細い声。力なくたよりない声。
[絹(きぬ)を裂(さ)くよう]女性が叫ぶ声の鋭くかん高いようす。
[声(こえ)が潤(うる)む]悲しみのあまり声が震えて涙声になる。
[声(こえ)が潰(つぶ)れる]声を出し過ぎて、かすれ声になる。
[声(こえ)が弾(はず)む]うきうきとした気分で、元気な声になる。
[声(こえ)の下(した)から]言い終わってすぐ。
[声(こえ)を落(お)とす]声の調子を下げて小さい声で話す。
[声(こえ)を嗄(か)らす]大声で叫んでいて、かすれ声になる。
[声(こえ)を曇(くも)らす]心配そうな悲しそうな声になる。
[声(こえ)を殺(ころ)す]人に聞こえないような小声で話す。《類》「声(こえ)を潜(ひそ)める」
[声(こえ)を作(つく)る]ふだんと違う飾った声を出す。
[声(こえ)を呑(の)む](⇒「驚(おどろ)く・驚(おどろ)き」124ページ)
[声(こえ)を振(ふ)り絞(しぼ)る]できる限りの声を張り上げる
[鈴(すず)を転(ころ)がすよう]女性の声の美しく澄んでいるようす。《類》「玉(たま)を転(ころ)がすよう」




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382073


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト