MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「書く」に関する故事・成語・ことわざ

[言文一致(げんぶんいっち)](⇒「文章(ぶんしょう)」465ページ)
[弘法(こうぼう)にも筆(ふで)の誤(あやま)り]三筆の一人である弘法大師のような書道の名人でも書き損じることがある。どんなにその道の名人でも時には失敗することがあるということのたとえ。《類》「猿(さる)も木(き)から落(お)ちる」「河童(かっぱ)の川流(かわなが)れ」
[弘法筆(こうぼうふで)を択(えら)ばず]書の名人はどんな筆でも上手に字を書く。その道の権威は道具や材料などは問題にしないということのたとえ。《類》「能書筆(のうしょふで)を択(えら)ばず」
[書(しょ)は言(げん)を尽(つ)くさず言(げん)は書(しょ)を尽(つ)くさず]文字に書かれたものは言いたいことを十分に述べ尽くしていない。また、言葉は心に思ったことを十分に言い尽くすことはできないということ。
[筆(ふで)の海(うみ)]書いた詩文の多いことをたとえていう。《類》「筆(ふで)の林(はやし)」
[文(ふみ)はやりたし書(か)く手(て)は持(も)たず]恋文をやりたいが字が書けない。さりとて、人に依頼できない。気をもむこと。
[文(ぶん)は人(ひと)なり](⇒「文章(ぶんしょう)」465ページ)
[墨痕淋漓(ぼっこんりんり)]筆のあとが水のしたたるようであるということから、筆勢の盛んなことをいう。
[魯魚(ろぎょ)の誤(あやま)り]魯の字と魚の字とは似ていて書き誤りやすいことから、文字の書き間違いのことをいう。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382044


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  「雨」の擬音語・擬態語・形容語  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト