MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

時・星の明かり・伝承からみた「星」

[明け方の東の空に見える金星]明(あ)けの明星(みょうじょう)・一(ひと)つ星(ぼし)・明星(あかぼし)・赤星(あかぼし)・啓明(けいめい)・誰時星(たれどきぼし)・彼(か)は誰星(たれぼし)
[暁を知らせる金鶏が住むという]金鶏星(きんけいせい)
[夜明けの空に残っている]残星(ざんせい)・晨星(しんせい)・有明(ありあ)けの星(ほし)・暁星(ぎょうせい)・暁天(ぎょうてん)の星(ほし)
[早朝にまだ残っている]朝星(あさぼし)
[夕方になって西の空に見える金星]一番星(いちばんぼし)・一(ひと)つ星(ぼし)・宵(よい)の明星(みょうじょう)・長庚(ちょうこう)・長庚(ゆうずつ)・夕星(ゆうずつ)
[星の光]星彩(せいさい)・星芒(せいぼう)
[星の光による明るさ]星明(ほしあ)かり・星影(ほしかげ)
[星の光が月のように明るい夜]星月夜(ほしづきよ)・星月夜(ほしづくよ)・星夜(せいや)
[星の光のおぼろなこと]星(ほし)の紛(まぎ)れ
[めでたい知らせの]瑞星(ずいせい)・景星(けいせい)・徳星(とくせい)
[豊年の兆しに現れるという]穂垂(ほた)れ星(ぼし)
[妖しい]妖星(ようせい)・妖霊星(ようれぼし)・妖霊星(ようれいぼし)
[陰暦七月七日の星を祭る行事]星祭(ほしまつ)り・七夕(たなばた)・棚機(たなばた)・七夕(たなばた)祭(まつ)り・棚機祭(たなばたまつ)り・星迎(ほしむか)え・星合(ほしあ)い




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381528


◆「時・星の明かり・伝承からみた「星」」がよく分かる関連まとめ


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト