MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

発言の意からみた「話す・話」

[相手に声に出してものを言って伝える]話(はな)す・喋(しゃべ)る
[口数多く]長舌(ちょうぜつ)・長広舌(ちょうこうぜつ)・広長舌(こうちょうぜつ)・口(くち)忠実(まめ)・弄舌(ろうぜつ)・饒舌(じょうぜつ)・多言(たげん)・弄言(ろうげん)・多弁(たべん)・御喋(おしゃべ)り・囀(さえず)る
[さからって]抗言(こうげん)
[大きな声で]高話(たかばなし)
[実力より大きなことを]大言(たいげん)・豪語(ごうご)・広言(こうげん)
[遠慮せず極端な]極言(きょくげん)
[思うままに]放談(ほうだん)・放言(ほうげん)
[口先巧みに]便佞(べんねい)
[横合いから第三者が]横槍(よこやり)・容喙(ようかい)
[立ちながら]立談(りつだん)・立(た)ち話(ばなし)
[聴衆に向かって分かりやすく]講演(こうえん)・講話(こうわ)・レクチャー
[道ばたで往来の人に説法する]CID(8267)説法(つじせっぽう)・CID(8267)談義(つじだんぎ)
[酒食なしで]素話(すばなし)
[他人に]他言(たごん)・他言(たげん)・口外(こうがい)
[なぞ掛けして]謎立(なぞだ)て・謎掛(なぞか)け
[内密に声をひそめて]耳語(じご)・耳談合(みみだんごう)・耳相談(みみそうだん)・耳打(みみう)ち・内談(ないだん)・密談(みつだん)・密語(みつご)・囁(ささや)く・私語(ささや)く・内緒話(ないしょばなし)・内証話(ないしょうばなし)・ひそひそ話(ばなし)・こそこそ話(ばなし)
[手を使って]手話(しゅわ)
[覚めてから夢のことを]夢語(ゆめがた)り・夢物語(ゆめものがたり)・夢話(ゆめばなし)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381481


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト