MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 格言ことわざ故事来歴

胡蝶之夢
【こちょうのゆめ】

人生のむなしいたとえ。夢、また、万物一体、主客不分の境をいう。戦国時代、宋の国の一隅に生きた哲人荘子(荘周)の根本思想、考え方を要約した寓話。あるとき、荘子はうたた寝の夢の中で蝶になった。ひらひらと楽しく舞い歩き、自分が人間であることを忘れてしまったところが、目を覚ますと、やはり自分は自分自身であった。だが思うに、荘子が夢の中で蝶になったのか、それとも蝶が夢の中で荘子になっているのか--夢が現実か、現実が夢なのか、よくわからない。自分と蝶は歴然とした区別があるはずだが、本当の存在は区別のない、変化していく姿、そのものではないか--というもの。
『荘子』斉物論。
黄梁一炊の夢邯鄲之夢。往事渺茫。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373845


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  百黙一言  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト