MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 格言ことわざ故事来歴

五十天命
【ごじゅうてんめい】

「五十にして天命を知る」という。孔子が晩年になって、自分自身の人間形成の跡を振りかえって回顧した有名な論語の一節。五十歳にしてやっと天から与えられた使命を自覚したということ。人生五十年ではない。
『論語』為政に、「子曰ハク、吾、十有五ニシテ学ヲ志シ、三十ニシテ立ツ。四十ニシテ惑ハズ、五十ニシテ天命ヲ知ル。六十ニシテ耳順フ、七十ニシテ心ノ欲スル所ニ従ヒ矩ヲ踰エズ」ト、とある。ここから、①志学(十五歳)、②而立(三十歳)、③不惑(四十歳)、④知命(五十歳)、⑤耳順(六十歳)、⑥従心(七十歳)、という。
五十にして四十九年の非を知る。今是昨非。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373818


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  百黙一言  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト