MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 格言ことわざ故事来歴

画龍点睛
【がりょうてんせい】

睛はひとみ。物事の肝心のところの意。晴と書くのは誤り。最後の大事なところに手を加えて仕上げをする。また、わずかなことで全体が引き立ち、生きてくるたとえ。肝心なところが抜けている場合、「画龍点睛を欠く」という。南北朝のころ、画家が南<ナン>京<キン>の安楽寺の壁に、見事な二匹の龍を描いた。ただ不思議なことに、龍の睛が書き入れられていない。そのわけをたずねると、「睛を入れたら、龍はすぐ天へ飛び立つ」という。人々は信用せず、「書いてくれ」とせがむ。そこで一匹に書き込んだところ、その龍は躍動し、壁を破って天へ飛び去ってしまった、という話からきている。
『水衡記』。
龍を画いて睛を点ぜず。
入眼。点睛開眼。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373815


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  随処作主  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト