MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 仏教伝来と輪廻生死

心頭滅却
【しんとうめっきゃく】

「心頭を滅却すれば火もまた涼し」とは、やせ我慢のことではない。心の持ちようで、どんな苦難でもしのげるという心意気のこと。織田・徳川連合軍の猛攻で、武田勝頼は居城を捨てて敗走、菩提寺の恵林寺(山梨県塩山市)に逃げ込んだ。この寺の住職快川和尚が、包囲軍の目前で、燃える山門の楼上に端座し、泰然自若としてこの句を唱えながら焼死したことで有名になった。雑念を払い、無念無想の境地に到れば、熱い火の中にあっても熱さを感じず、かえって涼しさを感じるものだ。修験者の火渡りはこれを実践する修練。
『碧巖録』四十三則。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373600


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  百黙一言  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト