MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 男子本懐の巣林一枝

門前雀羅
【もんぜんじゃくら】

訪問客もなく、門前で雀をとる羅(網)が張れるほどさびれているさま。『史記』百三十巻を完成した(紀元前九十七年)司馬遷は、その中で漢の武帝につかえた汲と鄭二人の伝記を記し、最後にこうつけ加えている。「汲、鄭ほどの賢人でも、勢力があれば賓客は十倍にもなるが、勢力がなくなればたちまち離散する。テキ公の場合もそうだ。彼が職を免ぜられると、門前は閑散として雀が群れ遊び、雀とりの網を張れるほどだった。が、テキ公がまた官途につくと、賓客たちはまた寄ってきた。そこで彼は門に大書した。『一死一生、すなわち交情を知り、一貧一富、すなわち交態を知り、一貴一賎、交情すなわち現る。なんと悲しいことか……』」
『史記』汲鄭。
門前成市。門前市をなす。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373298


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  百黙一言  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト