MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 政治家好みの大言壮語

沙中偶語
【さちゅうぐうご】

臣下がひそかに陰謀をたくらみ、謀反の相談をすること。沙中は、砂の上、偶語は、向き合って話すこと。漢の高祖が、功臣二十余人を大名に取り立て、他の諸将の論功行賞を考えていたとき、諸将たちが砂地の上に座って謀反の相談をしている気配を感じたという故事による。
『史記』留侯世家。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373147


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  百黙一言  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト