MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 仏教伝来と輪廻生死

息慮凝心
【そくりょぎょうしん】

「慮るを息みて心を凝らす」と読む。悩みごとや問題解決を千思万考してもなかなか容易には満足のいく答を得ることはできない。そこでともかくひと休みして、まず当面のやるべき事に専心してみることだ。そうすれば、おのずと解決の途が見えてくるということ。禅の言葉。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373622


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  百黙一言  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト