MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語の辞典 >

朝三暮四
【ちょうさんぼし】

【意味】目先の差異にとらわれて全体では同じことになるのに気付かないこと。また、言葉巧みに人をだますこと。
【用例】●彼は口先がうまくて朝三暮四の論でごまかすことが多いから、条件をしっかり押さえた契約書を交わす必要がある。所得税の減税を打ち出したかと思えば新税を創設するというのでは朝三暮四、納税者を欺くものだ。
【出典】『荘子』斉物論・『列子』黄帝
【故事】中国の春秋時代、宋の狙公が、飼っている猿にトチの実を朝に三つ、暮に四つ与えようとしたら非常に怒ったので、朝に四つ、暮に三つ与えることにしたら大いに喜んだという。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 5560804

この辞典の個別アプリ

四字熟語の辞典
日常生活で使用度の高い四字熟語を中心に、三字熟語も加えた約1200語を、実用的な用例とともに収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 恐悦至極  物心両面  容姿端麗  
【関連コンテンツ】

関連辞書

故事ことわざの辞典 慣用句の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典  

関連書籍

 あすとろ出版「四字熟語の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,620
収録数:1200語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2007年12月
ISBN:978-4755508110

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト