MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語の辞典 >

宋襄之仁
【そうじょうのじん】

【意味】宋の襄公の情け。つまらない、ゆきすぎた情け。必要のない情けを施した結果、自分がひどい目に遭うこと。
【用例】●体調を崩したバッターだからといって、ピッチャーが遠慮して投げるのは、宋襄の仁というもの。ホームランを打たれたらどうする。弱小会社の得意先を奪うのは気の毒だからやめようというのは宋襄の仁に過ぎない。相手が成長したら、こっちがやられるかもしれないのだ。
【出典】十八史略』「春秋戦国」宋
【故事】中国の春秋時代、宋が楚と戦った時、襄公は楚の軍隊が布陣する前に攻撃しようという進言を卑怯な戦い方だという理由で退けたために、準備が整った楚軍に敗北を喫してしまった




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 5560716

この辞典の個別アプリ

四字熟語の辞典
日常生活で使用度の高い四字熟語を中心に、三字熟語も加えた約1200語を、実用的な用例とともに収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 恐悦至極  筋肉隆隆  物心両面  
【関連コンテンツ】

関連辞書

故事ことわざの辞典 慣用句の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典  

関連書籍

 あすとろ出版「四字熟語の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,620
収録数:1200語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2007年12月
ISBN:978-4755508110

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト