MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語の辞典 >

倚門之望
【いもんのぼう】

【意味】家の門によりかかって息子の帰りを待ちわびている親の心情。「倚門」は門に倚り掛かるさま。
【用例】●海外での事故が報ぜられるたびに、彼女は留学中の息子が一日でも早く無事に帰って来てほしいと倚門の望で胸が一杯になった。老い先短い母親の倚門の望見過ごすことができず、親孝行な彼は大学を卒業すると故郷に近い企業に就職した。
【出典】『戦国策』斉下
【類語】倚門之情・倚閭之望
【故事】中国の戦国時代、衛の王孫賈の母親は外出して夜遅く帰ってくる息子を家の門に倚り掛かって待ちわびた。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 5560103

この辞典の個別アプリ

四字熟語の辞典
日常生活で使用度の高い四字熟語を中心に、三字熟語も加えた約1200語を、実用的な用例とともに収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 恐悦至極  筋肉隆隆  物心両面  
【関連コンテンツ】

関連辞書

故事ことわざの辞典 慣用句の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典  

関連書籍

 あすとろ出版「四字熟語の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,620
収録数:1200語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2007年12月
ISBN:978-4755508110

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト