MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典6叡智とわざ > 才能と人間力を高める

不知の自覚 無知の自覚

名言名句
不知の自覚 無知
の自覚
【解説】
 この言葉はデルフィの神託にかかわるもので「人の知恵とは無知の自覚なり」であったが、ソクラテスは詭弁をろうするソフィストとの問答法によって、よい生き方を導き出そうとした。知を愛する哲学の確立者であり、知だけがただひとつよいもの、無知だけがただひとつ悪いものとした。
【作者】ソクラテス
【生没年】BC470~BC399
【職業】古代ギリシャの哲学者
【参考】ソクラテスは、神々を信ぜず若者を堕落させたとしてアテナイ市民に告発され裁判となるが、全面的に反論し妥協しなかったため、有罪が宣告され死刑に処された。著作を残さなかったが、プラトンの『ソクラテスの弁明』やクセノポン『ソクラテス思い出』などによって、彼の教説が伝えられている。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450551

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト