MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典5自己 > 自分を見つめる

苦悩を突き抜けて歓喜にいたれ

名言名句
苦悩を突き抜けて
歓喜にいたれ
【解説】
日本では年末になると必ず演奏されるベートーヴェンの『交響曲第九番』だが、有名な第四楽章の「合唱」は、シラーの『歓喜に寄す』に曲をつけたもの。
ベートーヴェンは、早くからこの詩に曲をつけようと試みているが、結果的には『交響曲第九番』として世に出るまでに、三十年以上の月日が流れている。この間、彼は音楽家として致命的な難聴に苦しみ、弟の死と甥の後見問題で心を悩ますが、そうした多くの苦悩の果てに、名曲「歓喜の歌」を生み出したのである。『交響曲第九番』初演時のエピソードによれば、曲が終わったときの聴衆の歓声と喝采も聞こえないほど、ベートーヴェンの難聴は進んでいたという。
【作者】ベートーヴェン
【生没年】1770~1827
【職業】ドイツの作曲家
【参考】ロマンロランは、『ベートーヴェンの生涯』の最後でベートーヴェンのこの言葉を引いて「この言葉の中には彼の生涯が煮つめられており、またこれは、雄々しい彼の魂全体にとっての金言でもあった。」と締めくくっている。ロランベートーヴェン関する著作は多いが、『ジャン・クリストフ』もベートーヴェンモデルである




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450453

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト