MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典4愛 > かけがえのないもの

銀も金も玉も何せむにまされる宝子に如かめやも

名言名句
銀も金も玉も何せ
むにまされる宝子に如かめやも
【解説】
銀も金も宝石も、どれほどの価値があるだろう。子ども以上に価値ある宝物があるだろうか。
この歌は次のような長歌の反歌としてうたわれたものである。「瓜食めば子ども思ほゆ、栗食めばましてしのばゆ、何処より来りしものぞ、眼交にもとなかかりて、安寝し為さぬ」。瓜を食べれば子どもを思うし、栗を食べればなおさら子どもを思い出す。いったいどこから来たものだろうか、子どもたちのことばかり、まぶたに浮かんで、よく眠ることができない。親の子を思う深い愛情の伝わってくる歌である
【作者】山上憶良
【生没年】660~733頃
【職業】歌人
【出典】『万葉集』
【参考】山上憶良は奈良時代の宮廷官僚であったから、現代でいえば、公務員といったところか。七〇二年に四十二歳で遣唐録事として唐に渡り、七〇七年ころ帰国している。晩年には大友旅人と交流があったことも知られる
儒教や仏教の素養があり、作品に大きく影響している「人生詩人」といわれるように、生活の断片をとらえた歌が多く、現代の父親像と相通じるこんな歌も残している。「憶良らは今は罷らむ子泣くらむそれその母も吾を待つらむぞ」。宴会を中座するときに詠んだもので、子どもも泣いているころでしょうし、妻も私を待っていますので、私はもうおいとまします、というのである。ほのぼのとした家庭が想像されるである。憶良の歌は、長歌の多いこと、恋の歌のないこと、自然を詠んだ歌が少ないことなども特徴である。万葉集に七〇首以上が入集している。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450439

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  花の命は短くて苦しきことのみ多かりき  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト