MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典4愛 > 男と女の愛の形

女心はどんなに悲しみでいっぱいになっていてもおせじや恋を入れる片隅がどこかに残っていないことは決

名言名句
女心はどんなに
悲しみでいっぱいになっていてもおせじや恋を入れる片隅がどこかに残っていないことは決してない
【解説】
女というものは、どんなに深い悲しみに沈んでいても、おせじを喜ぶし、恋のきざしに敏感に反応するものだという。
失恋して涙にくれていた女性が、翌日にはもう新しい恋を見つけていることもある。
つまるところ、男性にとって女心というのは、「永遠の謎」なのである
【作者】マリヴォー
【生没年】1688~1763
【職業】フランスの作家
【出典】『わが毒』
【参考】きざな文体とか、甘言で女にいい寄ることを意味する「マリヴォタージュ」という語は、マリヴォーの名から生まれたものだ。作品中に見られる女性の恋愛心理分析の精緻さは、フランス文学史上にユニークな位置を占め、後世の小説家にも影響を与えている。この言葉も、得意の心理分析の収穫なのだろうか。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450387

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト