MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典3人間 > ともに生きる

合うは離れの始めにして楽しみは憂いの伏する所なり

名言名句
合うは離れの始め
にして楽しみは憂いの伏する所なり
【解説】
出会うことは別れることの始まりであり、楽しみの中には憂いが潜んでいる。
一見、正反対の「出会い」と「別れ」、「楽しみ」と「憂い」だが、じつは表と裏のようにひとつながりになっているものだ。出会いがあるから別れ、別れるからまた出会う。
今日の別れはつらいけれど、次なる出会いに期待することとしよう。
【作者】白居易
【生没年】772~846
【職業】中国の詩人
【出典】『和夢春遊詩一百韻』
【参考】白居易は「白楽天」とも呼ばれる中唐の詩人。本国では政治社会について賞賛・諷喩した「諷喩詩」が高く評価されているが、日本では玄宗皇帝と楊貴妃との悲恋をうたった『長恨歌』が有名。この詩を含む『白氏文集』は平安貴族にとって不可欠の基本教養であった。清少納言の『枕草子』でも「遺愛寺の鐘は枕を欹てて聴き 香炉峰の雪は簾を撥げて看る」が引用されている。『源氏物語』も『長恨歌』の影響を受けているといわれる。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450295

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト