MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典1人生 > 老いとともに生きる

若きにもよらず強きにもよらず思い懸けぬは死期なり

名言名句
若きにもよらず
強きにもよらず思い懸けぬは死期なり
【解説】
賀茂の祭りを見ながら、兼好は無常感を覚える。若きも強きも死ぬときは、いっさい関係がない。
祭りの桟敷の前を行きかう人たちを見て、自分があの人たちより長生きするとしても、結局は間もなく自分も死を迎えることになるのだ、と兼好は思う。葬儀場で送られる人の多い日はあっても、送られる人のない日などないではないか、と。
当時は、現代よりも突然死や若年死が、はるかに多かったであろうから、無常感も大きかったであろう。いずれは、自分も死ぬべき身と思いながら、生きながらえている不思議をいまさらのように書きつづっている。
【作者】吉田兼好
【生没年】1283頃~1353頃
【職業】随筆家
【出典】『徒然草』




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450142

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト