MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典1人生 > 老いとともに生きる

人間はとしをとるにつれて一種のあきらめ自然の理法にしたがって滅んでゆくのをたのしむといったふうな

理法:道理。法則

名言名句
人間はとしをとる
につれて一種のあきらめ自然の理法にしたがって滅んでゆくのをたのしむといったふうな心境がひらけてきてしずかな、平均のとれた生活を欲するようになるのですね
【解説】
老人の枯れきった詠嘆、といったような言葉である
年をとると精神的肉体的な老いは確実にくる。老いるのをとどめようとしても「時」に容赦はない。若さを取り戻すことは、どうあがいても無駄である
無駄を悟ったとき、執着から解き放たれ自由になる。執着がなければ不安はない。やすらかに身も心も自然のままにまかせる境地にいたる。
ちょいとここらで土になろうか」は一休さんの死に対しての心の対応である
【作者】谷崎潤一郎
【生没年】1886~1965
【職業】作家
【出典】『蘆苅』
【参考】谷崎は七十九歳まで生きたが、六十歳ごろからは高血圧症、右手の麻痺、狭心症の発作など病気に苦しむことが多かった。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450136

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト