MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典1人生 > 豊かに生きる

得て何ぞ喜ぶに足らん失いて何ぞ憂うるに足らん

名言名句
得て何ぞ喜ぶに足
らん失いて何ぞ憂うるに足らん
【解説】
三国志主人公の一人である劉備が、のちに名軍師となる諸葛孔明と出会う前のこと。徐州という領地を手に入れるが、弟分の張飛が酒の上での失敗から城を失ってしまう。張飛の報告を受けた劉備が、ため息交じりに言った言葉である
もともと徐州は人から譲られた領地で、その際も劉備は再三断り、最後にしぶしぶ受けたということになっている。どちらポーズとみられないこともない。得れば喜び失えば憂える。それが人情というものだろう
しかし、こうした無欲|恬淡さや鷹揚さは、中国において王者の素質とされるものだ。劉備にはそれがあったので、たくさんの人材に慕われ、その人々に助けられて、最後には皇帝と呼ばれる身となるのである
「人間万事|塞翁が馬」ともいうように、富を得ても不幸になることもあれば、富を失っても健康な体さえあればなんとかなるもの、と、常に、願わくは、平常心でいたいものである
【出典】三国志演義』(十四世紀中頃)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450074

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト