MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東洋医学のしくみ3章 「証」による診断と治療 >

治療の大原則
【ちりょうのだいげんそく】

理・法・方・薬とは-治療の4つの大原則

◆診察から治療までの4つの流れ
 四診で得た患者からの情報を弁証法に照らして病気の「証」が決定したら、次は「論治」、つまりどういう治療方法で進めていくかを決める段階に入ります。
 東洋医学には診察から治療までの流れを表す「理・法・方・薬(穴)」という言葉があります。
①理…診察と弁証で病気を理解する
②法…その理解に基づいて治療の方針を決定する
③方…治療方針にのっとって処方(中薬の組合せやツボの組合せ)する
④薬…処方のための漢方薬の知識。なお、鍼灸で治療する場合はツボの知識ということで「穴」になる
 この4つを「流れ」と言ったのは、診断と治療の方針、それに治療行為とがシステマティックにつながっていなければならないという意味です。
 前の段階での結果を踏まえて次のステップへと進めていけば、治療効果がなかったときに、段階を逆にたどることで、何が間違っていたのかを究明できます。行き当たりばったりの治療ではそれができません。
 当たり前ようですが、「理・法・方・薬」は医学としてきちんとした体系があって、初めて可能になることなのです。

◆治療方針決定の4つの原理
「法」にあたる治療方針の決定には、次の4つの基本原則があり、それぞれ何にポイントをおいて治療すべきかという考え方を示しています。
治病求本…病気の本質を究明する
②扶正 邪…正気を補って邪気を取り除く
③陰陽調節…寒と熱を調節する
三因制宜…患者の個人差や生活状況を考慮に入れる
 診察と弁証の段階でその患者の症状には4つの原則のどれが必要でどれが不要かをチェックし、必要と判断したもので治療の方針を組み立てていくのです。




日本実業出版社 (著:関口善太)
「東洋医学のしくみ」
JLogosID : 5030064


【辞典内Top3】 六気と天人相応  針治療?  その他の経絡とツボ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 標準治療(寺下医学事務所) 

関連書籍

 日本実業出版社「東洋医学のしくみ」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:関口善太
価格:1,620
収録数:115
サイズ:20.8x14.8x1.6cm(A5判)
発売日:2003年7月
ISBN:978-4534036179

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト