MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)コラム > 話題の疾患

心臓突然死
【しんぞうとつぜんし】

Sudden Cardiac Death(SCD)

心臓突然死

■■概説■■
 2002年11月21日、高円宮殿下がスカッシュというスポーツをされている最中に突然倒れ、救急隊員や医師らによる救命の努力もむなしく、亡くなられました。47歳というお若い年齢でした。それまでお元気に活躍されておられたので、まさに青天の霹靂(へきれき)でした。死因は「心室細動(しんしつさいどう)」(「不整脈」参照)と発表されました。
 ほとんどの心臓突然死が、この心室細動という不整脈によって起こります。そして心室細動を引き起こす病気には、心筋梗塞や心筋症、あるいは遺伝性疾患などがあります。あらかじめそのような病気の存在がわかっていれば、何とか予防手段がとれる可能性があります。ですが、心筋梗塞が何の前兆もなしに、いきなり発症し、その数分後に心室細動が出現することがあります。まったく健康な少年が、野球のボールを胸に受けただけで心室細動になって命を落とすこともあります。そうなると日頃から食事に気を遣い、健康診断を受ける、といった予防法を守っているだけでは限界があるといえます。
 突然死を回避するには「予防」という考え方だけでなく、突然死になりかけた人を救う、いわゆる「蘇生」というアプローチもあります。蘇生法というと、心臓マッサージが有名で、確かに救急車が到着するまでの間、これを行うと助かる可能性が高まります。しかし、心臓マッサージそのものは突然死を生き返らせるという真の蘇生法ではなく、ある意味で救急隊員が来るまでの時間稼ぎに過ぎません。実は真の蘇生法、それも素人でもできる方法というものがあるのです。それを行うには、心室細動の特徴をもう少し詳しく知る必要があります。
 心室細動は不整脈の一種で、心臓が突然、けいれんを起こしてしまい、本来の役割である全身へ血液を送る仕事ができなくなってしまうものです。一瞬の間に心停止の状態になるのですが、死が訪れるには数分の余裕があります。実はこの心室細動という不整脈は、胸の上から電気ショックを加えると、かなりの確率で元のリズムに戻ります。元のリズムに戻れば、全身も生き返る可能性があるのです。一瞬の臨死体験で済むのです。戻るかどうかは、心室細動が起こってから電気ショックを加えるまでの時間にかかっています。1分遅れると、助かる可能性が10%ずつ下がるといわれます。10分を超えると、ほとんど助からないことになります。

■■救命方法■■
 これまで日本では、この電気ショックを加える器械を救急車に積み、医者の代わりに救急救命士という資格を持った人が、現場に駆けつけてそれを使うのが一般的な救命方法でした。ところがこの方法では、心臓に原因があって心停止を目撃された例のうち1割しか助かりません。倒れたのを目撃し、119番に通報するまでの時間、救急車が到着するまでの時間、器械を準備するまでの時間を合わせると、簡単に10分を超えてしまうのです。つまり、救命のプロに頼っているだけでは限界があるのです。本当に助けるのであれば、倒れてから5分以内、できれば3分以内に電気ショックをかけないと駄目なのです。医者も救急救命士もいない現場で、一体どうしたらそんなことができるのでしょうか。
 答えは簡単です。現場にいる人、目撃した人が電気ショックをかければよいのです。それしかありません。技術進歩のおかげで、今日では小型で、持ち運びができ、しかも使い勝手の簡単な電気ショックの器械があります(図:AED)。湿布のようなものを2枚、患者の胸に貼ると、あとは器械が、電気ショックが必要な不整脈なのかどうかを自動的に診断してくれます。ショックが必要であればそのように音声で教えてくれるので、最後にボタンを押せば、それでショックがかかります。それだけで人の命が救えるのです。たとえ機械音痴の人でも、この「音声ガイド付き押しボタン式心臓救命装置」(自動体外式除細動器)なら、十分、使いこなすことができます。
 あとはこの器械を人の集まりそうな空港、駅、デパートとか、競技場やフィットネスセンター、あるいは会社やアパート、自宅などに置いておけばよいのです。この器械のことをAED(Automated External Defibrillator)と呼びます。

■■市民が救える唯一の心臓病■■
 日本ではどういうわけかAEDに対する理解が遅れていましたが、2004年、厚生労働省がこのAEDを一般人が購入しても、使用しても法律上問題ないとの見解を示しました。それを契機に急速にいろいろな場所への配備が進み、今や30万台を超えるAEDが日本の各地に設置されています。2010年の1年間に、目の前で心停止になった人に現場のAEDが使われたのは667件に及びましたが、そのうち45%の人が救命されました。この数字は、救急車をただ待っていた場合の4倍の救命率に相当します。実に画期的なことです。これからもAEDの有用性を理解し、使える人が増えていかなければなりません。
 人が倒れるのを見たら、心停止かもしれない、とまず疑って近寄ります。意識や呼吸がなければ、すぐに119番通報とAEDを周囲の人に頼みます。あとはAEDが届くまでひたすら心臓マッサージです。人工呼吸は省いても構いません。電気ショックの後も心臓マッサージを続けることも大事なポイントです。
 心臓突然死は市民が救える唯一の心臓病といってよいかもしれません。ですが、医者や救急救命士に頼っているだけでは駄目です。市民が動かなければ救えないのです。心臓突然死の主治医は市民だということを忘れないで下さい。 (三田村秀雄




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5036570

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト