MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 頭頸部科・口腔外科

中咽頭ガン
【ちゅういんとうがん】

Mesopharynx Cancer

 中咽頭は軟口蓋(なんこうがい)から舌骨(ぜっこつ)までの範囲であり、解剖学的に前壁、側壁、後壁、上壁の4つの部位に分けられます。中咽頭ガンの発生部位としては、側壁が最も多く約50%を占め、次いで前壁、上壁が約20%で、後壁は少ないようです。
 中咽頭は構音(こうおん:言葉を発する)、嚥下(えんげ:食べ物を飲み下す)、呼吸といった重要な機能を担っているため、治療にあたってはT1、T2の早期ガンなどでは機能を温存するために、放射線治療や放射線と化学療法の同時併用療法を行うべきでしょう。しかし、T3、T4の進行ガンではやはり拡大手術を要することが多く、切除後は再建手術が不可欠です。
 原因としては、やはり喫煙と飲酒が関与しています。したがって、中咽頭ガンを克服したとしても、喉頭ガン、下咽頭ガンなどとの重複ガンも少なくありません。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035458

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト