MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 整形外科

疲労骨折(過労性骨折)
【ひろうこっせつ(かろうせいこっせつ)】

Fatigue Fracture(Stress Fracture)

 通常は骨折を起こさない程度の負荷が、繰り返し加わった場合に生じる骨折です。骨障害の程度は多様ですが、常に生体の修復機転、すなわち骨膜反応、仮骨形成が起こっていることが単純X線上で認められます。この骨折は軍隊の訓練で起こる中足骨の行軍(こうぐん)骨折(march fracture)として有名ですが、最近はまれで、スポーツの過度の練習による発症が大多数を占めます。
 あらゆる種類のスポーツで発症しますが、ゴルフでは肋骨(ろっこつ)、野球では尺骨肘頭(しゃっこつちゅうとう)、ランニングでは脛骨(けいこつ)、中足骨、大腿骨などの発生が多くみられます。またあらゆる年齢にみられますが、15~16歳の青少年に起こりやすく、あまり普段スポーツをやっていない人が団体でスポーツを強制された時とか、常に激しい訓練を強制される新入生とかに多く起こる傾向にあります。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035420

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト