MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 整形外科

骨粗鬆症
【こつそしょうしょう】

Osteoporosis

 この病気は骨量の減少、骨の微細構造の劣化の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。
 骨量は男女ともに30歳代後半をピークに生理現象として自然に減ってくるものですが、骨粗鬆症は男性は50歳代からみられるのに対し、女性は40歳代から発生し、閉経を境に増加し、60歳代では約33%、80歳代には60%を超える発生頻度となります。日本は長寿社会となり初期の骨粗鬆症の患者が少なくとも900万人いるといわれています。また、アメリカではすべての部位を含め120万件以上、日本では大腿骨頸部骨折だけで5~7万件発生し、寝たきり老人の主な原因となっています。
 分類としては閉経後まだ老年に達する前に発症した症例を閉経後骨粗鬆症、老年期に発症したものを老人性骨粗鬆症と呼びます。この場合の骨粗鬆症は原因がはっきりせず、閉経、加齢による生理的な骨減少が何らかの因子によって異常亢進(こうしん)して起こると考えられ、1次性骨粗鬆症と分類されます。
 また甲状腺機能亢進症、クッシング症候群、性腺機能低下症、糖尿病などの原因で発症する骨粗鬆症を2次性骨粗鬆症に分類します。また本症発生の危険因子として低体重、運動不足、喫煙、コーヒー、アルコールの摂取過多、偏食、カルシウム、ビタミンD、Kの低摂取などがあげられ、この把握が治療上に役立ちます。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035419

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト