MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 形成外科・美容外科

耳介の形成異常
【じかいのけいせいいじょう】

Auricle

 耳の形や大きさに異常があるものを耳介形成異常といい、その中には様々なタイプがあります。耳の前や頬に小さな皮膚や軟骨の突起物があるものを副耳(ふくじ)といい、発生頻度は新生児の約1.5%と非常によくみられるものです。また、耳の上半分が頭部皮下に埋まってしまっているものを袋耳(ふくろみみ、あるいは埋没耳〈まいぼつじ〉)といいます。発生頻度は約0.25%であり比較的多くみられる先天異常です。先天的に耳介が小さく、耳の一部または全部が欠損してしまっている異常を小耳(しょうじ)症と呼びます。出生1万~2万人に約1人の割合で発生するといわれており、比較的まれなものです。
 副耳、袋耳は簡単に治療することができますが、小耳症は治療が難しく、高度な専門的技術を必要とします。耳介にはこれら以外に立ち耳(東洋人はあまり気にしませんが、白人は嫌がります)や折れ耳などの軟骨異常が比較的多く発生します。しかし、生後間もなくの耳介軟骨は形を変えやすく、スプリントなどを装着することにより正常になることもありますので、早めに形成外科専門医に相談して下さい。ここでは、もっとも代表的な耳介異常である小耳症を中心にその標準的治療法を紹介します。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035332

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト