MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 感染症内科

カンピロバクター感染症(食中毒等)
【かんぴろばくたーかんせんしょう(しょくちゅうどくとう)】

Campylobacter Infection

 カンピロバクター感染症は人獣共通感染症で、下痢を主徴とした腸管感染症としてみられる頻度が高い病気です。原因菌はカンピロバクター・ジェジュニ(campylobacter jejuni)、カンピロバクター・コリ(campylobacter coli)で、グラム陰性の微好気性桿菌(かんきん)です。感染部位は空腸、回腸、結腸であり、腸管内で増殖して発症します。潜伏期は2~7日で、ヒトへの感染はペットからの経口感染、あるいは汚染された井戸水や河川水からの経口感染が重要視されています。わが国では1982年に食中毒の起炎菌として指定され、全年齢層で高頻度に分離されており、散発例、集団発生例が多数報告され、細菌性食中毒の中で重要な地位を占めています。しかし、1985年をピークに発生数、患者数とも減ってきています。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035239

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト