MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 感染症内科

急性灰白髄炎(ポリオ)
【きゅうせいかいはくずいえん(ぽりお)】

Poliomyelitis

 ポリオの病因ウイルスは、夏かぜの主因であるエンテロウイルス属に分類され、1~3型に分かれています。多くは無症状のまま経過し、一部が無菌性髄膜炎および弛緩性の麻痺型ポリオなどの中枢性神経疾患に進展します。
 ポリオワクチンの普及により、わが国では野生株による麻痺例はなくなり、ごくまれにワクチン株による麻痺例がみられます。発生頻度は接種回数数千万回に3~4例程度とされています。感染経路は感染者の糞便または咽頭分泌液からの経口感染です。ウイルスは感染直後、咽頭部のリンパ組織で増えますが、その後、腸管内皮細胞内で増殖し、比較的長期間(2~4週間)糞便中に排泄されます。不顕性感染者の消化管中でもウイルスは増殖し、糞便中に排泄されます。排泄されたウイルスにも病原性はあります。潜伏期は通常7~12日です。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035232

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト