MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 感染症内科

ウイルス性出血熱 腎症候性出血熱
【ういるすせいしゅっけつねつ じんしょうこうせいしゅっけつねつ】

Viral Hemorrhagic Fever Hemorrhagic Fever With Renal Syndrome:HFRS

 出血熱とは流行性ウイルス性出血熱の総称です。カによって媒介されるもの、ダニによって媒介されるもの、齧歯(げっし)類や霊長類から感染するものなど、媒介動物の種類によって大きく3群に分かれます。

 旧満州で駐屯していた旧日本軍兵士の間で出血傾向と腎症を伴った急性熱性疾患の流行があり、致死率は30%にも及びました。1951年朝鮮戦争に派遣された国連軍兵士にも同様な疾患の流行がありました。アジアからヨーロッパにまたがってみられるこれらの疾患は、共通のウイルス(hantavirus)の発見とともに腎症候性出血熱(HFRS)に統一されることになりました。
 感染経路は、野ネズミなどの齧歯(げっし)類の糞尿・呼気などを介する飛沫感染(ひまつかんせん)です。咬み傷によっても伝播します。わが国では、大学の実験動物ラットを扱う人たちの間に患者発生が報告されています。潜伏期間は10~30日です。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035227

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 両側性  粘稠性  腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト