MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 消化器

食道裂孔ヘルニア
【しょくどうれっこうへるにあ】

Hiatus Hernia

食道裂孔ヘルニア

 「ヘルニア」(hernia)の意味は鼠径(そけい)ヘルニアの項でも説明していますが、その一部もしくは全部が本来あるべきところになく、逸脱している状態をいいます。食道は、頸部から始まり胸部(正確には後縦隔〈こうじゅうかく〉)を通り、腹腔(ふくくう)内に出たところで胃につながります。したがって、食道・胃接合部は腹腔内に位置するのが本来の姿です。その後縦隔から腹腔内への通じる孔(あな)を食道裂孔といいます。つまり食道裂孔ヘルニアとは食道裂孔より胃の一部あるいは全部が後縦隔内へ脱出した状態をいいます。胃の脱出の状況により次の3型に大別されます(図:食堂裂孔ヘルニア)。

[1]滑脱(かつだつ)型(sliding type)
 腹部食道、胃噴門(ふんもん)部、胃体上部が食道裂孔を通って後縦隔に脱出したもの。食道・胃接合部は横隔膜(おうかくまく)より上方に移行している。

[2]傍(ぼう)食道型(paraesophageal type)
 胃底部(いていぶ)のみが全周性に、食道裂孔から後縦隔へ脱出したもの。食道・胃接合部は腹腔内にとどまっています。

[3]混合型
 [1]と[2]の混合型。

 原因としては、先天性と後天性の場合がありますが、いずれも横隔食道靱帯(じんたい)、横隔膜食道裂孔右脚(うきゃく)などの胃噴門部固定機構(胃から食道への逆流を防止する役目を担っている)の異常によることが主です。
 ここでは、成人についてのみ述べることにします。成人に発生する大部分の成因は後天性であり、加齢による横隔食道靱帯の脆弱(ぜいじゃく)化、横隔膜下脂肪組織の退行変性、肥満、脊柱後彎(せきちゅうこうわん)などに加え、老人性肺気腫(きしゅ)、嘔吐など腹圧上昇の機転が加わることが誘因となって発生すると考えられます。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035099

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 両側性  粘稠性  腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト