MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 心臓・血管

弁膜症
【べんまくしょう】

Valvular Disease

 心臓には4つの部屋(右心房、右心室、左心房、左心室)があり、右心室から肺動脈、左心室から大動脈が出ています。血液は大静脈から右心房に入り、右心室、肺動脈、肺静脈、左心房、左心室の順に流れ、左心室から大動脈へと送り出されます。この血液の流れを順次、後戻りせずに先へ先へとうまく送るためには、扉の役割をする弁が4つ存在します。この扉は血液が送り出される時には開かれるとともに、一度送り出された血液が後戻りしないために閉じられるといったぐあいに開放と閉鎖を繰り返しています。
 右心房と右心室の間に三尖弁(さんせんべん)、右心室と肺動脈の間に肺動脈弁、左心房と左心室の間に僧帽弁(そうぼうべん)、左心室と大動脈との間に大動脈弁があります。これらの弁の働きが悪くなった病態が弁膜症です。弁膜症には2種類あり、弁の開放が悪くなり、血液の先へ進む流れが障害されている状態が狭窄(きょうさく)症です。一方、弁の閉鎖の状態が悪くなり、血液が後戻りしている状態が閉鎖不全症です。具体的な病名としては大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症などと呼ばれます。狭窄と閉鎖不全がともにある場合には、例えば大動脈弁狭窄兼閉鎖不全症などと呼ばれます。
 原因としては先天性と後天性に大きく2つに分けられ、後天性の原因としてはリウマチ熱の後遺症であるリウマチ性弁膜症が多くを占めてきましたが、最近のリウマチ熱の十分な管理およびリウマチ熱自体の発生頻度の減少などから、弁膜症の発生頻度も低下してきています。非リウマチ性の弁膜症の1つで、僧帽弁閉鎖不全を引き起こすものに僧帽弁逸脱症候群があります。比較的頻度が高く、よく聞かれる病名です。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035067

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト